こんにちは、田中です。

今日は暖かかったですね。朝は相変わらず寒いので、防寒着を着て出勤なのですが昼間はむしろデメリットに・・・。

あと1週間で2月も終わり、3月になると冬も終わり!って感じがしますね。始まりの季節です!

 

春は植物達が芽吹く季節ですが、Midoruがある瑞穂町でも春の近づきを感じています。

瑞穂町にある「さやま花多来里(カタクリ)の郷」では、葉が芽吹いており、春の近づきを感じさせています。

カタクリとは、鮮やかな薄紫色が美しい花を持つ植物です。

カタクリは、根付いてから花を咲かせるまでに8年もの長い歳月を要するとともに、開花期間が短いことから「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)とも

呼ばれています。

四葉のクローバーのように、カタクリの中には貴重な白色のカタクリが花を咲かせることもあります。

 

場所は箱根ヶ崎駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

開花時期は通例ですと、3月下旬頃になりますので、近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!